忍者ブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/10 allnudecelebritiesl]
[05/22 hiro]
[05/18 hiro]
[05/15 ポックリボーイ]
[02/11 hiro]
最新記事
(11/30)
(07/23)
(07/22)
(07/14)
(07/07)
プロフィール
HN:
hiro
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/29)
(11/30)
(12/01)
(12/02)
(12/04)
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]









             さっかく

 12 どーもー
 1 ひーです
 2 ふーです
   12 二人合わせてワンツーパンツでーす
 1 作家いいよなー
 2 俺も好き。中学んとき部活でやってた
 1 違う、サッカーじゃなくて、作家
 2 あ、物書きのほう
 1 そう、作家っていいよなー
 2 サッカー選手のほうがよくね
 1 作家は最高なの
 2 へーどこが
 1 とりあえずなんか書くじゃん
 2 そんな簡単にかけんの
 1 まっ、書きゃいいの
 2 ふーん
 1 まっ、売れないわな
 2 売れなくていいの
 1 俺の小説が売れないのは、編集者が無能だからだ
 2 はー
 1 世間が俺の小説を理解できないせいだー
 2 どこにでもいるなそういう奴
 1 編集、出版社ちょとがんばりました。
 2 ちょっとねー、うん
 1 俺もちょっと本気を出すかな
 2 初めから出せや
 1 えーネットでネタを探して
 2 ぐぐんのね
 1 あほ、取材
 2 楽な、取材
 1 あほ、広大なネットの中からネタを探す、センスが問われるの
 2 いいように言うじゃん
 1 ウィキペディアも参考に
 2 コピペじゃないですよね
 1 いや、コピペじゃね、コピペじゃんと、バズらせる
 2 いや、炎上でしょ
 1 おかげで、売れました。炎上万歳
 2 炎上商法
 1 俺様、やっぱ天才
 2 調子いいなー
 1 調子乗りまくりー、誰のおかげで飯が食えると思ってんだ、あほ編集
 2 わー最悪
 1 もっとも、もてなせ、お前んとこでは、もう書かんぞ
 2 いやな奴
 1 出版社、気にくわん、連載やーめた
 2 わー読者もポイ
 1 なんか文句あんのか俺は反社みたいなもんじゃけ、ぼけー
 2 うわーうちらなら、解雇、謹慎やで、いまどきーしかしー
 1 俺様は社会の裏から表、神羅万象何でも知っている
 2 神様?反社様?作家様
 1 まぁ、庶民の皆さん、人生相談でもしたろかー
 2 はいー、おねがいしますーセンセ
 1 いよいよ、いまの政治はだな、天下国家をかたりだす
 2 いよっ、大先生ー
 1 なんなら、ノーベル賞でも、もってきたまえ
 2 のぼるねー
 1 ここが、ちょーいいね
 2 なに
 1 政治家、芸能人、スポーツ選手、みんな写真週刊誌こわいじゃん
 2 怖いなー、人生狂う
 1 作家大先生はへいき、打てるもんなら打ってみ~
 2 きゃーかっこいー
 1 どこの出版社だ、書いてやらんぞ
 2 まじ、いいね
 1 でも、ひとつ弱点が
 2 え、なに
 1 実売部数は言わないで。
 2 いいねえ











PR









   しょうじょ

 いつもと違う時間に乗る電車は少し混んでいた。
 ひと駅、ふた駅、乗客が降り、ドアの脇に移動した。
 向いに黒いパンツ、白い半そでYシャツの男が立っていた。
 ドアの前の空間を、夏物の制服、帽子を被った小学生だろうか女の子が
 ぐるぐるぐるぐる回りだした。
 声が漏れただろうか、彼女は床に屈み込んだ。
 制服が濡れていた、床も濡れていた。
 電車が駅に着きドアが開いた。
 行っちゃいな
 彼女は顔を横に振った。
 二人組の女子高生が、駅員さんに言っておくから降りちゃいな
 彼女は首を横に振った。
 ドアが閉まり、電車が動き出した。
 進行方向にスーッと濡れた床が伸びた。
 彼女はそれを靴で止めた。
 どこから取り出したのか彼女は小さなハンカチで濡れた床を拭き始めた。
 女子高生どうし、何か言っていた。
 反対側のドアの脇に立っていた女性がタオルを彼女に渡そうとすると、
 彼女は首を横に振った。
 そのやり取りが何回か続き、女性はタオルを投げ置いた。
 彼女はタオルを拾い、女性に返した。
 彼女は鞄の中からタオルハンカチだろうか取り出し床を拭き続けた。
 ほぼ拭きとり、床は多少濡れいてるかなといった感じだ。
 濡れたハンカチを鞄に入れようか、
 入れな
 持っていたコンビニ袋の口を広げ彼女の前に出した。
 彼女はハンカチを入れコンビニ袋を受け取り鞄にしまった。
 彼女と女性と女子高生はどこで降りるの、なにか話していた。
 女子高生の一人が降り、女性も、ひと駅ごとに乗客は降りていった。
 立っている乗客は数えるほどだ。
 彼女は何度かキュキュと靴で床を鳴らした。
 一つ先のドアから彼女も降りて行った。





























  流れの中に、


  区切りが組み込まれている、


  面白いですね。



























  月宿不魚住























  エスエムエスピーピー・・・




















  保 育 園 ○ ○ 隣 の 家 の 子 ○ ○

  日 本 死 ん で も う ち の 子 入 れ な い

  ち が う

  ふ ざ け て ん の ど っ ち
























  キム ・ ジャニウン




























  よいお年を























  見てみたかったな~

  一萬ぐらいなら、喜んで出したのに、

  残念!!













忍者ブログ [PR]